ペストコントロが効かないのはネズミでない可能性が高い


街で見かける野生の生き物を挙げよと言われて、
10種類以上言えれば、動物博士です。
カラスやハト、スズメしか見かけたことの無い方は
多いのではないでしょうか。
割と陸を走る生物も多いです。
野良猫や野良犬はめっきり少なくなりましたが、
タヌキ、サル、シカ、イノシシ、クマなど、
色々な動物が街にやってきます。
中には周囲30km圏内に一切山がないにも関わらず、
野生の生き物を見かけることもあります。
うちの地元でタヌキっぽいのが居ましたよ。

夜、屋根裏からカタカタと音が鳴ったら、
多くの方が泥棒を連想すると思います。
ただし、屋根裏に泥棒が住みつくケースはかなりレアなので、
次に小動物を連想するのではないでしょうか。
ネズミを考える方は多いと思います。
そこで専用の対策グッズを設置しますが、
ペストコントロが効かないといったケースがあるかもしれません。

ペストコントロが効かない理由はいくつかありますが、
そもそもその小動物はネズミでしょうか。
もしかしたらハクビシンかもしれません。
コウモリの可能性もあります。
実物を見ないうちに小動物を特定するのは危険と言えますが、
そもそもネズミは人前に姿を見せません。
対策はなかなか難しいと言えます。

家の構造自体に問題があるかもしれません。
そもそも、侵入口がないとネズミは中に入れません。
どこかに穴が開いている筈です。
それを網戸か何かで塞ぐだけでも、効果をあげられます。
ただし、ネズミを追い出してから塞ぐようお願いします。
屋根裏で餓死されては、処理が大変です。
まずは煙でいぶして、その後に網戸で塞ぎ、
最後にペストコントロを設置するコンボが有用です。

ペストコントロが効かない理由は色々とあります。
設置場所が適さなかったり、
そもそもペストコントロが効かないネズミかもしれません。
ネズミにも色々な種類があり、
定住しないネズミにはあまりペストコントロが効かないのです。
ペストコントロが効くネズミと効かない
ネズミの見分け方はとても困難です。
そもそも、人前に姿を現している時点で
ペストコントロが効かないタイプのネズミです。
もちろん、ペストコントロが効かないネズミだからと言って、
好んで人前に現れるとは限りません。
対策はかなり難しいと言えます。